十月初旬、イタリアに訪れ、天童の姉妹都市であるマロスティカと、山形デイが行われたミラノ万博に行ってきました。

 人間チェスが行われるマロスティカは、ながらく天童の姉妹として交流してきました。今回はマロスティカ親善大使の付託を受けて、先方の市役所と人間チェスの会場に訪問して、市長の親書を手渡してきました。マロスティカの歴史や人間チェスの概要を伺い、今後の天童との観光交流・物産展などの可能性について語らいました。

 その後、ミラノ万博の山形デイに参加。日本館は大人気で長蛇の列が出来ており、その中で行われた山形デイも、非常に活況を呈していました。天童からは書き駒の体験ブースが出され、最も人気を博していました。

他の県議達も行ったのですが、とにかく天童が目立たなければと思い、和装に身を固め、天童から根付駒をもっていって配り、マロスティカとの関係もアピールしてきました。和服で将棋を指すパフォーマンスも好評で、記念写真責めにあってきました。

イタリア・ヨーロッパへの足がかりになる機会であり、今後、観光・物産の発信に役立てていきたいと思います。