予算委員会 県営住宅や市営住宅は、応募がたくさんあって住みたい人が多くいます。入居者は抽選になる訳ですが、ならば数を増やせるかというと、予算の問題でなかなか難しい。しかし、困っている人が入居できないのでは、セイフティネットの役割を果たせません。

 宝くじが当たったように、運のいい人が入居できて、しかも、民間のアパートは空き部屋がある、というのでは不平等感もあるし、民業を圧迫してしまいます。

 ならば、民間のアパートを借り上げて、これに県や市が補助を出して公営住宅にすればいい、と提案しました。これは、国の基準が高くてなかなか難しいのですが、ならば国にもっと柔軟な制度になるように訴えればいいのです。

 また、空き家を不動産業者などがリフォームして安く売り出せるように、現在行われているリフォーム補助金が使えるような制度設計を提案しました。