遠藤くん写真今回、NPO法人ドットJPというところを通して、山形大学から大学生のインターンシップを、矢吹えいしゅう事務所で受け入れました。

議員の活動やまちづくり活動に触れ、社会人としての学びを得ることを目的に、山大の一年生の遠藤涼くんが私とともに八月九月と研修しています。

とても元気で志をもった大学生で、自分を高めようと熱く頑張ってくれています。

私と一緒に市役所・県庁・総合支庁などの各部署をまわって様々な要望や打ち合わせに同席したり、県議会の本会議や委員会を傍聴したり、天童の地元巡りや地域のお祭りに参加したりと、議員の普段の活動に触れてもらいました。また、青年会議所での将棋大会や小学生と天童をめぐる事業に参加してもらったり、今回行う楽市楽座の事業構築に触れてもらったりと、議員としてではなくとも、地域の議員として重要な地域活動といったことにも参加してもらいました。

自分の学生の頃を思うとすごいなあと感心するとともに、こうした若い人たちが、政治やまちづくりを身近に感じてもらい、この地域の未来を担ってくれるのは非常に嬉しいことだと思います。