先日、富士通とNECの本社に赴き、自治体クラウドについて勉強してきました。少し専門的になるのですが、簡単に言うと、行政が使うパソコンのシステムを、独自のものをつくるといちいち多額の予算がかかるので、いくつかの自治体でまとまって同一規格のシステムを利用することで、低予算で導入しようというものです。

行政改革という観点から、かなりの予算削減が見込めるものですので、ぜひ県が旗を振ってもらいたい事業なのですが、これを天童でも取り入れないかと思っています。

使わなくてもいい予算を浮かせられれば、全額これは投資的予算に使えることになるわけで、こういった部分での取り組みも進めたいと思っております。