震災より一年、あの震災で日本海側の道路網のぜい弱さが浮き彫りになりましたが、日沿道・泉田道といった県内の高速道路交通網の整備が実現しそうです。

そんな中、天童市内でも蔵増南回りバイパス・荒谷橋のかけ替え工事が県事業として動きだし、芳賀の開発地区より南に山形へと抜ける道路と橋の整備を天童市の事業として行う予定です。これを受け、北へと空港まで抜ける道の整備を、県の事業として早期に実現させるべくがんばっております。

道はつながらなければ意味をなしません。住みやすいまちづくり・流通の活性化と交流人口の拡大・工業団地誘致などすべてに関わる問題です。今後とも仙台へとつながる道路や仙山線の整備なども視野に入れた交通網の整備に力を入れていきます。